皆さんは、妊活と言えばどのような活動

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性側が実践するものがよく紹介されています。
しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。
それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。不妊などの原因は母体にあるばかりでなく、意外にも夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。
居住地の公的な助成金制度も活用できますが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減るケースが多いです。
治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。
今年で40歳になる私ですが、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、落ち込むことが多くなりました。妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。
胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、普段の食事にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も大勢居るのではないでしょうか。
実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、加熱調理してしまうと、葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、総合的な摂取量としては足りていないかもしれません。
葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。しかし、どれだけ大切な栄養素でも、摂取量に気を付けてください。
これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含まれています。それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。葉酸の過剰摂取によって、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。
意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。妊娠を希望している女性だけでなく、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。
亜鉛は精子の量を増やし、質の高い精子の生成をサポートする効果があるのです。妊娠はどちらか一人ではできません。
元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみてください。葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。
しかし、そのような事はありません。赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを下げてくれるという意味では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が最も注意する期間ですから、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。
しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。
妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。
しかし、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても重要な役割を果たしているのです。ですので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。
一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。
長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、くどく言うと怒られそうな気がしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、妊娠できなくて、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。
私の場合はそれが良かったのでしょう。
早々に下の子ができました。費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。
妊娠してから栄養指導を受けたり、母親学級で指導された方も多いと思います。
こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。
ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、熱に弱く溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、食材を調理するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です